私の家は代々医者になることが、生まれながらの宿命と思っています。
私は一人っ子なので医者になり家を継ぐことが子供のころからの重荷でした。


その私が風俗求人に応募して両親の生活を支えています。
私立の医大に入学でき、勉強もがんばり3年生になったときに実家の祖父が保証人になっていたために
莫大な借金が我が家にのしかかってきました。


自宅もすべて取り上げられ、借家住まいになってしまったのです。
父は勤務医として働き出しましたが、私の学費までは払えなくなり
私が風俗 求人に応募して働き始めたのです。


医大の勉強と風俗の両立は難しく、医大は一年間休学することに決め
私は毎日 風俗嬢としてお店で休みなく働き始めました。

お店の中の休憩室でが参考書とネットを使いながら時間を有効に使うことにしました。


医学の勉強も風俗で役に立つこともわかりました。

東洋の医学のつぼを刺激すると、男性は刺激を受けて、元気よく発射させることが出来ます。

初めて風俗 求人で知らない男性に体を触られたときは、体が硬直してしまいましたが
最近の私の体は、胸をもまれ乳首をしゃぶられると、感じ初めてしまいます。


パンティーの上から私の大事なところを撫で始められると、パンティーにしみが出来てしまうこともあります。

風俗求人はダンディーグループで安定高収入

私が働いている 風俗店の求人に応募したときに、男性と接したことがないのですが出来ますか?
と聞きました。


風俗 求人の面接にくることが間違いのような気がするんですが?と話しながら
なぜ働くことになった理由も聞かれ、内緒にしてくれますか?と
祖父の保証人のことを話しました。


慣れるまでお客様を考えて見ましょう。
最初にお店の女の子の講習を受けてみなさい。

お店のレイさんから、部屋の中で裸になっての講習でしたが
下着姿のままでお願いしました。


レイ様もその姿で丁寧に説明を始めました。
講習が終わったときに 初めてのお客様を紹介され部屋に案内したときは
心臓が破裂しそうで、足が動かなくなりそうで
腰を支えられてやっと立っていたと思います。


お客様は 風俗 求人店のオーナーの知り合い?常連様?

すべて任せなさい。と店長さんに言われたのですが、

部屋の鏡のいる私の顔は、顔面蒼白でした。


お客様は困った顔をしていましたが、私の横に座り大丈夫だから。
背中をとんとんと優しく撫でるようにたたいてくれました。


そのときにスーと力が抜けてクタクタとお客様に倒れこんで
気が遠くなっていたようです。


私はベットに横になって、腕枕に包まれていました。
男性の顔を近づき 優しく唇が重なってきました。